JAPAN Local Guide

東京国際空港(羽田)
ホーム » 訪問地 » 東京国際空港(羽田) » クリームティーを美味しくいただく技

クリームティーを美味しくいただく技

どうやってスコーンを食べるのが好きですか?
ジャムをつける?それともクリームを乗せる?
もしあなたがすでに一般的なイギリスのクリームティー(スコーン、ジャム、クリームの出る午後のお茶)を知っているとしたらそのような選択肢が出てくると思うのですが、もしまだ飲んだ事が無いのなら是非とも食べてみてください!

ファンシーなティールーム例えば三越やハロッズのような場所で食べるクリームティーが理想的ですが、私はイギリス人ではないし、朝食用のスコーンなので、スーパーに売っているもので十分です。しかし、どこにでも売っている訳ではありません。
アメリカ式のスコーンなら、コンビニや多くのスーパーで売られているので、もっと簡単に見つかります。
三角形をしており、普通はスターバックスの様なコーヒーショップでよく見かけます。
アメリカ式のスコーンはイギリス式のスコーンよりも脂肪、砂糖を多く含んでおり、チョコチップ、ナッツ類、ベリー類が入っている物もあります。
このような理由から、クリームやジャムをあえて付ける必要はありません。

日本には各家庭にオーブンがあるので、家庭で作れる用のスコーンミックスもあります。
[Japanese] FullSizeRender__3___1439204236_59686

伝統的なイギリス式のスコーンはプレーン、または入っているとしてレーズンもしくは、レーズンよりも小粒なカラントが普通ですが、
日本ではたくさんの(時には多すぎるほどの)種類のスコーンが食べられます。
例えば、ベノアのスコーンはオレンジ、メープル、紅茶、プレーンの4種類の味があります。
けやき坂のリンコス(六本木ヒルズ)や東麻布の日進ワールドデリカッセンで買えます。

[Japanese] FullSizeRender__1___1439204870_75683

成城石井では人気のスコーンパック(チョコレート、ウォールナッツ、バナナ)やかぼちゃ味やチョコチップ味のスコーンが買えます。ただし、スコーンというよりはクッキーに近い形をしています。
形は関係なくスコーン本来の美味しさが味わえるので、もし典型的なものでなくても構わないのでしたら、食べてみてください!

そこではスコーンと一緒に飲めるものが一つだけあります。そうです!紅茶です!必ず可愛いカップで飲んで下さい!
[Japanese] 2932__1439204321_40597
イギリス式のスコーンはクリームとジャムを乗せるのが一般的です。

クリームは濃厚で重いものが合いますので、ホイップクリームかクロテッドクリームを選んでください。
どちらもほとんどのスーパーで買えます。
イギリス人は午後の紅茶の時間に食べるジャムとして、さっぱりとしたイチゴジャムだけでなく、グースベリーやルバーブのジャムもよく食べると知ったらびっくりするかもしれませんね。

[Japanese] 2927__1439204615_37663

クリームティーを楽しむためによく知られている方法が2つあります。まずはデボン式です。デボンとはイギリスの州名です。その地域では先にクリームをつけ、その後にジャムを乗せます。
もう一つはクロニッシュ式です。こちらは先にジャムをつけ、その後にクリームを乗せます。
個人的な意見としては、デボン式のほうがより美味しそうだと思います。
しかしクロニッシュ式が好きな人は、スコーンとクリームの間のジャムがあるほうが、クリームが溶けないところが好きということです。
焼きたてのスコーンは暖かくクリームが溶けてしまう恐れがあり、クロニッシュ式の主張も納得するものがあります。
是非両方試してみてください!

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net