JAPAN Local Guide

訪問地
ホーム » 訪問地 » お正月に食べるおせち料理 -東京の場合-

お正月に食べるおせち料理 -東京の場合-

現に日本の伝統的なおせち料理は少しだけですが増えてきています。
近所のスーパーで配られている一覧表やチラシ広告でもそれは見て取れます。
きっとあなたがチェックボックスにチェックをする料理は、それぞれ違った種類の野菜、魚介類、肉類、飲み物、お菓子、そして年越しそばだろうと思います。
年越しそばは、いよいよ1月1日が目前になってきた大晦日に食べます。
このリストは便利にも思えますが、一番の大事な目的は年末の売上を上げる事です。
Osechi Ryori

殆どの日本人女性がお正月におせち料理を全部つくらない事は秘密にするまでもありません。
数種類を簡単に作る人もいますし、また、私の日本人の友達は、お店やスーパーマーケットで買う人が多いです。
最近の日本人の子供は、数の子 ではなく、ハンバーガーを見た方がもっと喜ぶので、小さな子供がいる人は大量に買いません。

O-toso

おせち料理は地域によって種類が違いますので、今回は東京のおせち料理について述べようと思います。
テレビでなのですが、京都のおせち料理を見ました。
大昔はお正月初日に料理をするのを禁じられていました。
私の意見ですが、お店が全て閉まっていたので材料を見つけるのが難しかったのではないかと思います。
しかも、祝日の間のごみ処理の問題が平安時代(おせち料理が作られ始めた時代)から深刻になってきたのもあると思います。
その時代、おせち料理の重箱は全て再利用していました。今は処分できる重箱の種類は多岐にわたります。

Osechi Ryori

おせち料理には全て意味があります。主なものの意味は何でしょうか?

いくら, かずのこ – 子孫繁栄(梅の花は全て実をつけるので、人参やその他の野菜を梅の花に形どったものも同じ意味で捉えられています。)

鯛, かまぼこ– お祝い、縁起物

黒豆 – 無病息災

Osechi Ryori

昆布巻き – 喜び(よろ昆布=「喜ぶ」の語呂合わせ)

田作り – 五穀豊穣

栗きんとん – 金運

蓮根の煮付け – 将来の見通しがよくなるように

伊達巻 – おめでたい事、文化や教養を持つことを願う
エビ – 長寿

Osechi Ryori
基本的に 赤い全ての食べ物と飾り付けは、お目出度いもので、悪い物を払いのけてくれる物を意味し、黄色は金、お金、太陽を意味し、は神聖を意味しています。
赤と白はお祝いの席で使われる色です。

Article by Olga Kaneda

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net