JAPAN Local Guide

-佐賀県全域
ホーム » 佐賀県 » -佐賀県全域 » 窯元ステイでじっくり創作。幸楽窯のディープな体験プラン

窯元ステイでじっくり創作。幸楽窯のディープな体験プラン

有田には、焼き物づくりを体験できるところがたくさんあります。
ろくろを回したり、絵付けをしたりと、短時間でオリジナルの器を作ることができるんです。

しかし幸楽窯には、もっとじっくりと焼き物づくりに没頭できる、滞在型のプランが用意されています。

幸楽窯とは、創業150年ほどの歴史ある窯です。
現在は有田駅から車で5分ほどのところ、広い敷地の中にあります。

kouraku-kiln entrance
作業場がとても広く、また天井が高いのも特徴です。
実はこの建物は、以前の小学校の骨組みを再利用している、珍しい窯元でもあります。

Airbnbで予約できる、有田で唯一のゲストハウス

幸楽窯は滞在者用のゲストハウスも用意してあります。
現在は3部屋を貸し出している、有田では唯一Airbnb上で予約ができるレジデンスなのです。

kouraku-kiln 民宿
キッチン、お風呂、トイレは共用です。
kouraku-kiln トイレ

ラウンジや廊下にも有田っぽいものがたくさん飾ってありました。

kouraku-kiln ディスプレイ
kouraku-kiln 壁
kouraku-kiln 重箱
参照:
Arita Art Residency – Double Room
Arita Art Residency – Guest Room II

時間を気にせず、じっくり創作できる環境を

なぜ窯元がレジデンスまで用意しているのか?
それは、幸楽窯でじっくりと焼き物づくりに取り組んでほしいという、オーナーさんの願いがあるからです。

まずは工場見学をしながら、ここでどんなことができるのか把握していきます。
例えば、型に泥を流し込んでお皿を作ることができます。

kouraku-kiln 作業
ろくろ(電動、手動)を回すこともできます。

kouraku-kiln ろくろ

kouraku-kiln ろくろ
ここは絵つけを行う場所です。もちろん道具も借りることができます。
kouraku-kiln 絵付け

実際の作業風景を見ながら、陶磁器づくりの各工程を見ることができるのです。
5ヶ国語(ポルトガル語、日本語、英語、中国語、スペイン語)に対応できるガイドさんがいるので、言葉で困ることはありません。この日も、流暢な日本語で工場内を案内してくださいました。

見学後は取り組みたい作業を手伝ったり、オリジナルのものを作ったりと、ゲストの希望に合わせてやりたいことを選べるようになっています。
さまざまなバリエーションに柔軟に対応してくださることと、料金がすべて1日単位で時間を気にすることなくじっくりと取り組めるのが、幸楽窯ならではの特徴です。

実際に、海外の方が作った作品を見せてくださいました。
これらは転写という技術を使い、幸楽窯で以前から使われている柄を利用した作品です。
幸楽窯 転写
有田焼独自の柄がしずく型に切り取られています。私にとっては斬新なデザインでした。
幸楽窯 絵皿 しずく

そのほかにも工場内には、クリエイティヴィティ溢れるものがありました。
作品を見ながら、既存の有田焼にとらわれない、自由な想像力を発揮できる環境がここにはあるんだと気づきました。
絵皿 手書き

すでに世界各国から、有田でしかできないことを体験するためにたくさんの人が訪れている場所です。
今後は敷地内の建物をリノベーションし、レジデンスやスタジオをさらに増やすとのこと。
クリエイティヴな空間がますます充実すること間違いなしの幸楽窯で、あなたも作りたいものを自由に作ってみませんか?

幸楽窯(こうらくがま)
住所:佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512
営業時間:8:00から17:00
Wi-Fi環境:有
言語対応レベル:ポルトガル語、日本語、英語、中国語、スペイン語
価格帯:工場見学 3000円/1日から
電話番号:0955-42-4121
公式HP:幸楽窯

Pick Up

mypl.net