JAPAN Local Guide

東京都
ホーム » 東京都 » 東京でハッピーハロウィーン!

東京でハッピーハロウィーン!

今年東京では、ハローウィンが大きな注目を集めています。
仮装をした日本人の親子の群れがキャンディーを貰うためにお店やカフェを渡り歩いていました。
この記事を書いている今も、まだ同じ様に続いていると思います。
東京の全ての頭の切れる企業家や経営者達は、1日の売上アップのきっかけとしてハローウィンを利用しようと考え、売上にも上手くつながりました。
Halloween

ついに私が今日いたカフェでも、小さなドラゴン、アラジン、白雪姫や魔女で溢れかえりましたが、みんな本当に楽しんでいるのかはわかりませんし、通りには子どもも大人も含め、仮想した外国人は見当たりませんでした。
麻布十番なのに!Halloween

パンプキンパイ(またはパンプキンタルト、つまり昔ながらのアメリカ風のパイには見えない、アレンジされたものが多かったです。)の値段はハローウィン前よりも遥かに高くなりました。
日本人がなぜそれらに興味を持つのか解りませんが、ハローウィンに関する物が形取られたり、テーマにされたお菓子やケーキはいずれも最近のパンケーキ並に売れていました。Halloween

各地方自治体でもハローウィンに本気で取り組んでいます。いくつもの地下鉄のポスターが、あちらこちらで見られます。
これはハローウィンの間も東京の街を綺麗にしましょうと呼びかけているものです。昨日はオレンジのジャコランタンのゴミ袋が配られていました。
Halloween
ハローウィンのイベントは問題なくスムーズに行われましたし、特に変わった事もありませんでした。
日本人は自宅にハローウィンの飾り付けをしませんし、ハローウィンについてきちんと理解していません。
キャンディーを配る時も、いたずらと引き換えにしている訳ではありません。
でもお化け屋敷やホラー映画が好きで、若い子はハローウィンパーティーの仮装を楽しんでいます。
パーティーはパンプキンビール(実際はどんなお酒でもいいのです)を飲む口実にもなりますし。
Halloween
この30年から40年の間でハローウィンは無くてはならないそして日本特有のものに形を変えて日本の文化として浸透していくと思います。バレンタインデーの様に。

Article by Olga Kaneda

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net