JAPAN Local Guide

Narita Intl Airport
ホーム » Narita Intl Airport » 200年続くお味噌と醤油の味からお気に入りを見つけよう

200年続くお味噌と醤油の味からお気に入りを見つけよう

みそはここ数年で世界各地に広まる程の食料となりました。
世界中のどの日本食レストランで味噌汁を見ても驚きはしません。

miso-and-soy-sauce

様々な種類の味噌が日本のスーパーで売られているが解ると同時に、どの味噌を買えばいいのか解らないと思います。
人々は育った地域で作られた味を選ぶ傾向にあります。それぞれ違った地域の味があり、全て特徴的です。
醤油も同じです。味噌と醤油は日本人の生活に身近で主要となる食料品です。

soya beans

大豆

味噌や醤油の好みはありますか?よかったら私のお気に入りの味噌と醤油と、それをお勧めする理由をお話させてください。

根田醤油合名會社は東北地区にある最も有名で由緒ある味噌・醤油の会社の一つです。福島県の地元の方はいつもこの会社の商品を使い、季節の贈り物として送る様な事もされます。

Miso company

Miso company

根田醤油(名前を省略させていただきました。)は侍がまだ存在していた205年前の江戸時代に設立されました。
当時は他にも味噌や醤油を扱う業者がたくさんありましたが、多くは時が経つに連れて姿を消していきました。

ではなぜお客様は根田醤油合名會社を勧めるのでしょうか。おそらくこの会社が自身の商品の品質に対して重点を置いているからだと思います。
この会社の味噌についてお話していきます。

Miso

根田醤油合名會社の味噌の特徴は、お米と大豆の比率がほぼ同じという事です。
会社としては、米と大豆のバランスは味に最も影響すると説明しています。
米の比率が高いと、味噌がより甘くなり、味噌の香りが強くなります。米を多く入れると、金額もよりかかりますので、多くの味噌会社は米よりも大豆をたくさん使う傾向にあります。
なるほど。それで根田醤油の味噌はマイルドな味で香りもそんなに強くない訳ですね。

Soya beans

大豆

しかし、他の会社の味噌が悪いと言っている訳ではありません。
それぞれ味噌に良い所があり、何を料理するかや、状況によって好む事柄に応じて味噌は選ばれます。
それは普通の事です。

私がお勧めする味噌は根田みその一つである田舎みそです。
スーパーでいつも目にする味噌よりも少し高めですが、よくバランスがとれた味は素晴らしいです。

Miso

二年もろみしょうゆは何に使ってもしっくりと合います。根田醤油合名會社の他の商品を見てみたいなら、ホームページにアクセスしてみて下さい!

miso-and-soy-sauce

味噌と醤油

根田醤油合名會社の味噌と醤油は東北のスーパーではすぐ見つかるのですが、東北まで行けない場合はホームページやメールでどこにいても注文ができます。

参考までに、味噌は日本人の健康を保つ手助けをしてくれています。おそらくご存知かと思いますが、日本は長寿国家として知られています。
それが何かを示していると思いませんか?もし健康に気を使われているのでしたら、今こそ生活に味噌を取り入れる時です。

お問い合わせ

根田醤油合名會社
住所 : 〒961-0004 福島県白河市萱根根田4
公式HP: http://www.neda-shoyu.jp/
メールアドレス:info@neda-shoyu.jp
交通アクセス : 新白河駅より車で約10分
空港からの距離:成田空港より241km

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net