JAPAN Local Guide

東京国際空港(羽田)
ホーム » 訪問地 » 東京国際空港(羽田) » 江戸屋お台場海浜公園 レトロなお菓子とおもちゃのとっても楽しい世界へ飛び込む

江戸屋お台場海浜公園 レトロなお菓子とおもちゃのとっても楽しい世界へ飛び込む

私はお台場を訪れた時の最初の数分(数時間といっても良いかもしれません)の感じが大好きです。
着いてしばらく起こりうるその感じを味わい、何をしたらいいのか迷ってしまうと思います。
60年代の懐かしい日本のお菓子(駄菓子)屋さん江戸屋お台場海浜公園を見た時、レトロなアメリカやハワイと同じような雰囲気にただ浸ってしまいそうです。
それはタワーデパートとも言われています。
Edoya Odaiba

江戸屋でよく耳にする言葉は、年配の日本人から発される「懐かしい!」、若い人から発される「とてもかわいい!」、そして外国人から発される「これは何だろう?」「食べられるんですか?」です。
Edoya Odaiba

駄菓子はとても伝統的な日本の小さなお菓子です。
漢字で「駄」は質が低いという意味です。
日本人の子供たちは皆、このような質が低いけど、江戸末期から昭和の終わり頃までよく食べられていた、安いお菓子が大好きです。
武士や身分が高い人は、質のいい高級なお菓子を買う余裕がありましたが、江戸時代の庶民は、毎度毎度金額を気にしないといけませんでした。
それで5~10円のお菓子を売っている小さな駄菓子屋さんができ、一般的になりました。
現在の駄菓子の金額は様々ですが、そこまで高額ではありません。

Edoya Odaiba

時代が変わるにつれて、人々は食べ物に関しての要求が高くなり、一般的にもお金をかける余裕もでてきて、駄菓子は素敵な思い出となりました。
悪い事ではないのでしょうが、率直に言うと、駄菓子は見た目で引きつけられるお菓子ではありません。
60円のとんかつを食べてみたのですが、味はまさに夫が予想した様に、私の口には合いませんでした。

Edoya OdaibaEdoya Odaiba

でも私は、煎餅、飲むゼリー、飴玉、チョコレートがコーティングされたカステラ、,金平糖等その他の面白いお菓子が好きです。

Edoya OdaibaEdoya Odaiba

江戸屋お台場海浜公園ではラムネ、レモネード、瓶入りのコカコーラ、昔の日本製のゲーム、おもちゃ、おもちゃのアクセサリー等もあります。
Edoya OdaibaEdoya OdaibaEdoya Odaiba

江戸屋はお台場お化け屋敷の隣にありますので、買い物途中にぞっとするような叫び声が聞こえると思います。

お問い合わせ

江戸屋お台場海浜公園
住所: 東京都港区台場1-6-1 DECKS 東京ビーチ 4F
開店時間:11:00AM-9:00PM
定休日: 無
電話: 03-3599-6778
交通アクセス1:お台場海浜公園より徒歩3分
交通アクセス2: 台場駅より徒歩6分
空港からの距離:羽田空港より約15分

Article by Olga Kaneda

Pick Up

mypl.net