JAPAN Local Guide

沖縄県
ホーム » 沖縄県 » きままに沖縄をドライブ

きままに沖縄をドライブ

DriveMiyako
沖縄本島を旅行する予定があって、なおかつ那覇市街を自由に動き回る時間があるなら、レンタカーが必要になるかと思います。
島内での鉄道は、那覇にあるモノレール「ゆいレール」のたった1つで、空港から首里城まで通っています。
バスも同様に少ないです。
ここでは誰もが運転します。
日本国内で運転した事があったとしても、沖縄で運転しようとする前に知っておかなければならない事があります。
急いでいる人はいません。
島の生活と運転のスピードは、あなたが経験しているよりのんびりとしていますので、沖縄に居る時は沖縄の人がするようにしてください。

あら、どこのレーンも渋滞しています。https://www.youtube.com/watch?v=ca-HZ7qiR0I

沖縄旅行する時は常に時間に余裕をもって(ガイドブックに書いている時間よりも)、どこへ行くにも素早く行けるとは思わないでくださいね。
スピードは一番遅くて時速約40kmです。
沖高速の最高速度は80kmです。
特に週末は混雑が予想されます。
また、平日はできるだけ通勤時間を避けて下さい。
※国道58号線(沖縄の主要道路)では7:30-9:00と17:00-19:00の間、一番左のレーンはバスとバイク専用になります。
経験を踏まえて、飛行機の到着時間と車のお迎えの時間のプランニングのアドバイスをさせていただきます。

渋滞について
もし到着した日に那覇北部をドライブしようと考えているなら、午後4時前に行くようにしてください。
午後4時半から7時は渋滞しているので全然楽しめません。
沖縄市までは、下道で1時間半かかります。
通勤時間になるとその倍かかります。
一旦沖縄市の北部に入ると空いてきます。
驚く事に、那覇市と沖縄市の間はかなり渋滞しており、交差点に気づきにくいと思います。
4時前には出発し、充分に気をつけて運転してください。

駐車場について
もし駐車料金を節約したいなら、早めに着くように計画を立てて下さい。
那覇市と沖縄市のホテルの駐車場料金は高めに設定されています。
沖縄県内にある街のホテルの駐車場はほとんどいっぱいで、もたつくのは普通です。
宿泊するホテルが外部の駐車場を持っていたとしても、午後9時には満車になる事が予測されます。
そして、ドライブ中でも駐車場はそんなには見つからないでしょう。(だってドライブスルーは沖縄で考案されたのですから。)
休憩する場所としては必要である事を、頭に入れておいてください。
ファミリーマートのようなコンビニは、一番の休憩場所になると思います。
ともかく、もし違法駐車をするとどうなるかは考えて下さい。(常連ではないお店やレストランの駐車場に停める事も含めて)
特に水分補給をする様に気にかけておいてください。
面倒でなければ、那覇で駐車場を見つけるコツをお教えします。
もしあなたが運転前にご飯を食べようとお考えの場合、私からのストレスフリーなお勧めは、無料で駐車できる場所がたくさんある、沖縄アウトレットモールあしびなに立ち寄る事です。
お勧めは、沖縄菜園ビュッフェ カラカラで、新鮮でベジタリアンの人にも向いていて、それでいて沖縄料理を初めて食するにはぴったりなお店です。
迷わず行けるか心配でしたら、左車線側にKFC等のファーストフードがたくさん目に入って来ると思います。(一度那覇に慣れるとわかると思います。)
アメリカンビレッジにも広い駐車場がありますが、特に渋滞を避けたいと思っているなら、そこへ行くには少し頭をかかえてしまいます。

交通事故について
沖縄では、観光客(目に見えてアメリカの方)が多いので、日本での運転に慣れているとしても、ここでは左側の運転に慣れていない人もいるという事を、頭に入れておいて下さい。
沖縄本島に住むALTと中国人観光客(旅行初日に事故に遭ってしまった)に、直接聞いた事があります。
事故が多く発生する交差点には特に注意をして下さい。
那覇を北に向かって走る3車線は、最初は少し怖いので、しっかりと目を見開いて下さい。
飲酒運転は、沖縄では深刻な社会問題ですので、特に処罰は重いです。
旅行者も罰金が課されます。
仕事をしている場合は許容無く、飲酒運転で捕まれば、仕事を失ってしまうでしょう。
DriveMiyako 2

安全について
鍵をかけないまま、または貴重品を見える所に置いたままで車を離れないでください。
濡れている時は滑りやすいです。
沖縄の道路は石灰岩でできているので、雨の日は特に気をつけてください。
沖縄県の方々はこの事を知っているので、いつもよりゆっくり走ります。
6月から10月の台風の季節は特にそうです。
いつ混雑が予想されるのか把握するために、天気予報はよく聞いておいて下さい。http://www.jma.go.jp/jma/indexe.html
運転する時には飲酒の必要はありません。-もしお酒を飲むと決めたなら、運転をしてはいけません。
代行タクシーに乗客として乗っている間、もう一人の代行タクシーの運転手が、後ろからあなたの車に乗って目的地まで運転してくれます。

沖縄タクシー及び代行 電話番号 098-970- 8888

こちらも御覧ください:おきなわ物語http://www.okinawastory.jp/

Pick Up

mypl.net