JAPAN Local Guide

訪問地
ホーム » 訪問地 » 色とりどりの美味しい雛祭りのお菓子

色とりどりの美味しい雛祭りのお菓子

雛祭りは、ジャンクフードが周りにあるお祭りの一つです。
きらきらしすぎて、見るからに芸術的すぎますが、とても春らしい色をしています。

雛祭りの色はピンク、白、緑です。
白は雪の色が代表的(東京の下町以外の地区でも同様かとおもいます。)ですが、緑には、緑樹がもうすぐ目覚めるというイメージがあります。
そしてピンクは桃の花びらの色を暗示しています。
Hishimochi

もちろん、ちらし寿司やしじみのお吸い物や桜餅を含む、伝統的な雛祭りの食事の一覧がありますが、最近の女の子は、健康にはあまり良くないですが、見た目がとてもかわいい物を買う事を、とても楽しみにしていると私は思います。

今年はハローキティーと友達のダニエルがついたひなあられがたくさんありました。
Hina arare

キティとダニエルはかわいいカップルなので、喜んで1袋買いました。
この膨らんだお米、雛あられは、関東では甘く、関西では塩辛いか醤油味です。

キティとダニエルは小さな丸い日本のビスケットである、ひなぼうろにもついていました。
Hina boro

ひし餅 は、普通はひし形の餅なのですが、お米を焼いたおこしの時もあり、その時も同じくひし形をしています。
Hina okoshi
基本的に3色ですが、2色、5色、7色の層となったひし餅を用いる地区もあります。
Hishimochi
最近の人は、雛祭りにケーキを買うのが主流ですが、伝統的なお祝いの食事スタイルも、今後流行遅れになる事は絶対にありません。

Article by Olga Kaneda

 

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net