JAPAN Local Guide

東京国際空港(羽田)
ホーム » 訪問地 » 東京国際空港(羽田) » 愛宕神社の「出世の石段」を登る!

愛宕神社の「出世の石段」を登る!

1603年に愛宕神社ができた当時は、東京で一番高い名所でしたが、時代は変わり今では壮大な街の景観を見るときは港区の東京タワーへ行くようになりました。しかし愛宕神社は今もなお有名な場所です。
何が人々を惹きつけているのかというと、それは神社まで続いている急勾配の石段です。

[Japanese] P1110598__1437533696_55261

[Japanese] P1110593__1437533892_20185

その石段は、「出世の石段」と呼ばれており、成功へ続く石段として捉えられています。
昔、曲垣平九郎(まがき・へいくろう)という若い侍が、徳川家光公へ愛宕山の梅の木の枝を献上しようと、この急勾配の石段を馬に乗り駆け上りました。
その行為を評価され、出世したと言われています。

石段を登り愛宕神社へお参りすれば、将来出世が約束されると言われているので、毎日たくさんの日本人が参拝しています。

[Japanese] 479__1437534292_86052

また、愛宕神社の主祭神である「火産霊命(ほむすびのみこと)」という火の神様へお参りする人や、神社敷地内の池畔でリラックスする人もいます。

[Japanese] P1110582__1437533741_52353

[Japanese] P1110565__1437535115_93715

愛宕神社では、9月22日から9月24日には、お神輿が出生の石段を行き来する様子が見られる、「出世の石段祭り」というお祭りが隔年で、6月23日と24日には千日分のご利益が受けられる「千日詣り」というお祭りが毎年開かれています。
「千日詣り」期間中はほおづきが売られているので、ほおづき縁日とも呼ばれています。

出世の石段の正面に男坂と呼ばれる急勾配の坂道があり、その横には女坂と呼ばれている緩やかな坂道があります。

[Japanese] P1110588__1437534590_44793

お問い合わせ

愛宕神社
住所:東京都港区愛宕1-5-3
交通アクセス:神谷町駅もしくは御成門駅より徒歩5分
空港からの距離:羽田空港から約14km

By Olga Kaneda

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net