JAPAN Local Guide

東京国際空港(羽田)
ホーム » 訪問地 » 東京国際空港(羽田) » 横浜市で三渓園の美を観賞

横浜市で三渓園の美を観賞

京都へ行かずして、京都の雰囲気を味わいたいとお考えでしたら、横浜南部にある「三渓園」へ行きましょう。

この伝統的なお庭は、京都、鎌倉(こちらもかつて日本の首都であった街)、東京、そして岐阜県や和歌山県から移築された重要文化財があります。

Sankei en 01

1906年に外苑部分が生絹貿易商人の原富太郎により創られました。
茶会時の富太郎の宗名(ペンネーム)は三渓でしたので、この庭園は「三渓園」と名付けられました。
芸術に興味を持ち、商売で財を成した富太郎のおかげで、日本の近代文化を発展させるきっかけとなる、この良い環境ができました。

Sankei en 02

Sankei en 03

庭園や茶室のあるすばらしい景色は、多くの若手アーティストだけでなく、ノーベル賞を受賞したインドの詩人のラビンドラナート・タゴールや芥川龍之介(日本の短編小説の父)などの著名なアーティストをも魅了しました。

Sankei en 04

外苑の方は京都の廃寺となったお寺にあった三重塔が移築されいてる事でよく知られています。

Sankei en 05

内苑は原家のみ使用されておりましたが、1958年についに一般公開されました。

Sankei en 06

蓮の花の季節の三渓園を散策はきれいでいつもより楽しめます。
残念な事に、去年私は行くのが遅く、蓮の花の開花がすでに終わっていました。
ですが、エレガントでうっとりする蓮根の花もあります。そちらもまた綺麗ですよ。

お問い合わせ

(三溪園)
住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
交通アクセス: JR根岸駅からバス(58、59、101番)にて10分で本牧着、バス停から歩いて10分
JR横浜駅よりバス(8、148番)にて10分で本牧三渓園前着、バス停から徒歩5分
入場料:中学生以上 500円、小学生 200円
開園時間: 9:00から17:00 (入園16:30まで)
休園日:12月29~31
空港からの距離: 羽田空港から約22km
HP:http://www.sankeien.or.jp/index.html

Article by Olga Kaneda

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net