JAPAN Local Guide

訪問地
ホーム » 訪問地 » 数年日本に住んでみて解った4つの事

数年日本に住んでみて解った4つの事

1,いつもではありませんが、現代の日本はシンプルな選択と素早い改善策の国です。少なくともプライベートな面において。
もし迅速に結果が現れない場合、誰も待ってはくれません。
私と同じ年代の日本人女性は家でハンバーガーを作りません。
理由は手間がかかるからです年配の女性の方でも夜ご飯にはスーパーでお弁当を買います。

ほとんどすべての日本人にとって仕事は重要なものですが、私はここではほとんどの日本人にとって、重要な仕事のことを言っているのではありません。
仕事からかなりの時間と労力を奪われるのは避けられませんので、趣味やお出かけなどの時間を確保するたったひとつの方法は、家事を縮小する事なのです。

2、日本に来て、自分が大きい事に気づくのが早ければ早いほど、ご自身の精神健康上はいいです。
まあ、場合によってはですが。
つまり、とてもスレンダーな外国人もいれば、大きい足で背が高い日本人もいるということです。
考えてみると、30歳から60歳の日本人女性の友達のうち3人は25.5cm―26cmの靴を見つけるという同じ困難を抱えています。
とはいっても私は常に小さなリリパット人(小人国の人)に囲まれた太った大食いの巨大な熊みたいに落ち着かない気分ではあります。

3,日本は魚をよく食べる国です。御存知の通り、日本人は毎日魚を食べるので、長生きするし、見た目も若いです。
実際はあまり魚を食べないという事実を除くと、完璧なロジックが成立しているように聞こえます。
1年に2回寿司屋で魚を食べる日本人(主に男性)もいますし、毎日毎日魚を食べる日本人女性もいます。

ですが、日本の主婦の方は、金額を比べ、肉類を選ぶ頻度が高いです。
その次は冷凍の魚が選ばれます。生魚よりも金額が抑えられるからです。
築地という魚市場によく行くシェフ以外の人もたまにいます。

4.好んで日本人的な働き方で進めていたり、毎日全力で取り組んでいるとしても、うまく機能しないと思います。
徹夜をしなければならない時があるからといえども、24時間通しで働く事が、成功する鍵であるという意味ではありません。
仕事のやり方は根気強さよりももっと大事です。
例えば、英語を教えるという方法があげられます。そのうち、東京の道端で誤った英語が溢れることも少なくなっていくでしょう。

Article by Olga Kaneda

コメントは受け付けていません。

Pick Up

mypl.net