JAPAN Local Guide

訪問地
ホーム » 訪問地 » 七福神について

七福神について

日本に住んでいると、そのうち七福神という伝説上の神様に出くわす事があると思います。
7は幸運を意味する事は誰もが知っていますが、もちろん日本人の間でもそう認識されています。なぜそのように認識されているのでしょうか。
007,7人の小人、7色の虹、7人の侍等、他の数字に比べて、7はあらゆる所で使われています。
中国では数字は儒教の考えに強く関係していますし、仏教の世界では輪廻転生(生まれ変わる事)を7回繰り返すと言われています。

P1140648__1443073952_74890

七福神とは7人の神様の事で、宝船に乗っている姿がよく描かれています。
実在した神様ではないので、可愛く描かれることが多いのですが、ある祝日になると関係してくるとても大切な神様です。それは大晦日です。
毎年大晦日になると、宝船に幸せを乗せてやってくると言われています。

日本で生まれた恵比寿様以外は、中国もしくはインドから来た神様です。
恵比寿様は漁師と健康の神様で、いつも鯛を持っています。時々、恵比寿様の名前はイザナミとイザナギの最初の子供として日本神話の中に出てきます。
大黒天様は五穀豊穣、商売繁盛、家庭円満、子孫繁栄の神様です。
中国からやってきた神様ですが、元々はヒンドゥー教(主にインドで信仰されている)のシバ神の化身と言われています。

弁財天様は水の神様で、諸芸上達にもご利益があります。七福神の中で唯一の女性の神様です。
布袋尊様はかつて中国に実在した禅僧です。
開運、成功の神様です。大きなお腹をかかえていて、いつも微笑んでおり、たまに釈迦如来様に間違えられます。

P1140643__1443075572_24751IMG_8753__1443076022_53844寿老人様は中国から来た長いあごひげがあり、福徳智慧の神様です。
福禄寿様も長いあごひげがあり、2人の神様の見た目はそっくりです。

P1140646__1443076379_45213

毘沙門様(もしくは毘沙門天様)はインドから来た仏教の神様で、四天王の一人です。
左手には人々に富をもたらす幸運と宝物の象徴である小さな宝塔を、右手には人々や人々の宝を護るために宝棒を持っています。
P1140644__1443075813_72194FullSizeRender__3___1443076176_92403

Article by Olga Kaneda

Pick Up

mypl.net